ポテブログ

釣りやアウトドアが好きな方に向けた知識やインプレなどの総合情報ブログ !時々、ライフスタイルやビジネス(お金)の事も発信しますので好きな趣味を通して、楽しいライフスタイルのお手伝いが出来るよう日々更新していきます!

初心者が揃えるべきバス釣りタックル一式はこれ!損しない道具選びまとめ

f:id:truckboy:20200502223624j:plain

 

出典:PhotoAC

バス釣り始めたいけど、何から買っていいのか分からないよ。
予算も限られてるから無駄なく良い物を買いたいな

バス釣り歴15年以上の僕が、コスパの良い物を厳選して紹介するよ

バス釣り初めたいと思っても、色々商品がある中でどれを買うか悩むはず。
できれば、無駄なお金をかけずにコスパの良い物を知りたいと考えていることでしょう。

この記事では、揃えるべき道具一式を私の経験(バス釣り暦15年以上)から
厳選したタックルや道具をそれぞれ紹介した記事になっております。

読んで頂ければ、損せずコスパの良い道具を買えるようになりますよ。
また、この情報を基に釣具屋に行けば参考にもなること間違いなしです!

 

 

 

結論!絶対に必要な道具は一式はこれ

f:id:truckboy:20200502215650j:plain
出典:PhotoAC

◎バス釣りをやる上で必ず買ってもらう物はこれ↓

ロッド(竿)
リール(糸を巻く道具)
ライン
ルアー (針や重りは必要に応じて)
+a   (内容は最後に記載しておきます)


本格的に釣りをしていきたい方は、全部セット○○○○円見たいな安物には手を出さないようにしてください!
絶対買い換えることになってしまうので。

 

道具の質もしっかりとしたものでかつ、予算も手が出やすい物で選んでます

 

最初に選ぶべきリール2選

f:id:truckboy:20200502224426j:plain     f:id:truckboy:20200502224522j:plain

出典:Amazon

リールには2種類のタイプがあります。
スピニングリールとベイトリールに分かれますが、初心者は迷わずスピニングリールを買いましょう。(ベイトリールの扱いはコツが必要で、最初は挫折しやすい)
恐らくこれは誰に聞いてもそう教えられるはず!

◎高予算
 ダイワ 20レブロス アマゾン★4.3評価

 大手メーカーダイワのレブロスは、ぶっちゃけ初心者だけでなく中級者でも使う人が多い超名機。「20レブロス」というのは2020年モデルになるので、超最新機なので機能性も良い。2500という数字はリールの大きさを表す数字になり、数字が大きいほどリールの大きさがデカくなる。バス釣りは2000〜2500を推奨されるがここでは男性目線で2500とした。(手の大きさなども考慮し)今回のNEWモデルで、こちらの商品は軽量化されていて2500でも220gという驚くべき軽さになっている。
実は私は、海釣りでもこちら使ってますw

◎ポイント
  • エアローターによる気持ちの良いスムーズな巻き心地
  • 軽量化による長時間の負担の緩和
  • 魚とのかけ引きにおいては、この値段クラスではNO1性能があると言える
  • 高剛性も備わっており、安心して使っていける

 

この価格でこの巻心地は素晴らしいと思いますコスパは最強です。(一部抜粋)
                                                                                    引用:Amazon

 

◎低予算
シマノ セドナ アマゾン★4.3評価

 

シマノ(SHIMANO) リール SEDONA2500S 2500S

シマノ(SHIMANO) リール SEDONA2500S 2500S

  • メディア: スポーツ用品
 

こちらも大手シマノメーカーから出ているセドナ。超名機ですね。
やっぱり名機と呼ばれている物は、実績を残し続けてます。
HGANEギアが搭載されることで巻き心地は快適。
長時間使っても疲れにくいというボディ構造(Gボディ)というのは、使い手のこと考えてくれてます!
この値段でこのクオリティができるのはさすが世界のシマノ。

 

◎ポイント
  • 価格以上の巻き心地
  • 長時間使用にも疲れにくい使い手想いな構造
  • そこまでリール自重も重くない(245g)

値段のわりには満足できます。ドラグも調整幅が広いし、ハガネギアによる巻き感も結構滑らかです。17アルデグラと変わらない。フロロ4ポンドで使っていますが、ライントラブルも全くない。ロッドとの組み合わせにもよりますが。長く使って行きたいです。
                                                                                                     引用:Amazon

最初に選ぶべきロッド2選

f:id:truckboy:20200502224850j:plain


ロッドは、同じモデルでも種類が沢山あります。
(ロッドの長さ/硬さ/1ピースか2ピースかetc)

今回は初めて買う人が扱いやすいように以下基準の中で選定↓

  • ロッドの長さ→6フィート〜6.8フィート
  • 硬さ→ミディアム(M)〜ミディアムライト(ML)
  • 2ピースモデル(ロッドが半分に分割できて畳める)
 
◎高予算

シマノ 20ゾディアス アマゾン★5評価
シマノ(SHIMANO) ロッド 20 ゾディアス 268ML-2
 

  
最初にしては値段が若干高い為、入れるか迷いましたがやっぱり入れましたゾディアスシリーズ。(今回紹介しているのは2020年NEWモデル)
初心者どころかベテランも使ってます!
規格外で素晴らしいロッド。「バスロッドの価格破壊だ!」と言われるほどです。
アメリカツアーの実践でもプロが導入してます。
軽い・感度良く扱いやすい上に持っているだけカッコイイ!
もし予算ある人は最初に買っておいて絶対に損はなし!

 

ポイント
  • 値段以上のハイエンドモデル
  • 種類が豊富なので、2本目買う時にシリーズ展開できる
  • 上位クラスにも搭載されている「カーボンモノコックグリップ」が適用
  • 軽量で感度も◎

 ※2020年3月から店頭に並び始めた為、まだ口コミ確認できず。
私は、旧モデルのゾディアス使用者で新モデルは店頭で触ったのみですが、即夏までに購入を決意し予定しています。 

 

◎低予算 
シマノ バスワンXT アマゾン★4.5評価
シマノ(SHIMANO) ロッド バスワン XT 263ML-2

シマノ(SHIMANO) ロッド バスワン XT 263ML-2

  • メディア: スポーツ用品
 

 シマノのエントリーモデルとして位置づけされているロッド。
お金がなかった時は、ずっとこちらのモデル使用していました。
ずっと存在するモデルですが、しっかり年月と共にモデルチェンジしており機能性も
向上し続けてます。この値段帯では一番コスパ高いと思います。
高いロッドには負けますが、感度もしっかり分かる範囲だし扱いさえ間違わなければ大物にも負けません。
なぜなら、バスワンで70cmくらいのコイを引き上げたことがあるので保証します。

 

◎ポイント
  • シマノ で長年愛されているモデル
  • 恐らく釣具屋に言ってもオススメされる確率高し
  • 値段が安い上に、このクラスではNO1

数年ぶりにバス釣りを初めてたので、購入しました。
まず、値段も安価でこの価格帯ではレベルが高いと思います。
作りもしっかりしており、見た目もカッコいいです。
安物とは思えません。
釣りの入門用としては、最適だと思います。
                     引用:Amazon

 

ラインは色々ありすぎて分からない!とりあえずこれにしておきましょう

ラインは3タイプあります。

  • ナイロンライン → ★
  • フロロライン
  • PEライン

ライン特性については省略します。
最初は扱いやすいナイロンライン(もしくはフロロライン)をススメます。
ラインについては釣りを体験しながら覚えていく方が早いと思うので、
今回は、単純にコスパも良く最初に買うならの基準で選びます。

・太さは4lb〜6lbにしておいてください。(数字が大きいほど太い)
※ラインは太い方が強く(切れにくい)、細い方が軽いルアーを使う場合は飛距離が出る(遠くに飛ぶ)という点は頭に入れておきましょう。
・ラインの色も色々とありますが、最初はクリア系かグリーン系にしておけば大丈夫です。

 ◎ナイロンライン ジャストロン アマゾン★評価4.1
ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 4号 クリアー

ダイワ(Daiwa) ナイロンライン ジャストロン DPLS 500m 4号 クリアー

  • 発売日: 2013/07/10
  • メディア: スポーツ用品
 

 

◎フロロライン サンライン ベーシックFC  アマゾン★評価4.1

 

サンライン(SUNLINE) フロロカーボンライン ベーシックFC 300m 1号 4lb
 

  どうしても最初はライントラブル(糸が絡まったり)が多いので、高くて良質な物を買ってもすぐに無くなってしまう可能性が高いです。
それなら、コスパが良く糸が沢山入っているラインにした方が財布に優しいですよね。
よってこの2つは損なしです!


ルアーに答えはなし!それでもこの2選はオススメ

ルアーにもハードルアーソフトルアー(ワーム)が存在します。
場面ごとに使いわけが必要な為、本来であれば様々なタイプが必要。
ただ、一気に全てを揃えるのは難しいためとりあえず持っておくべき
2選のみ記載します。釣れる確率はグッと高くなる商品です!

 

◎ ジャッカル フリックシェイク  アマゾン★評価5

 

反則ワームと言われるほど、最強ワームです。 
バス釣りやってる人は絶対に知ってるレベル。
過去、投げて放置していておいて釣れたこと何度もあります。
カラーは直感でOK。サイズは4.8もしくは3.8から揃えると良い!
こちらは、実釣動画も載せておきます。↓


2015.05.22 秦拓馬プロのフリックシェイクゲームVol.1〜野池アフター編〜

 

◎ゲーリーヤマモト ヤマセンコー アマゾン★評価4.5

 

 世界のゲーリーヤマモトと呼ばれるブランドから出ているヤマセンコー。
こちらもポテンシャルはすごい。何より湖でも川でも海でも使えます。
投げて巻くだけでなぜか釣れる!なぜか釣れる!
塩がワームの中に入ってるため、ちぎれやすいのが難点ですが一度は試して見て欲しいです。ブラックバスだけでなく、海水魚にもぜひ
カラーも色々ありますが、困ったら「グリパン」カラーがオススメです。

 

 

 さぁ出かけよう!

f:id:truckboy:20200502230113j:plain

                                  出典:シマノ

種類が多くタックル一式選びは難しい場合は、ぜひ経験者の言葉を信じてスタートを切りましょう!

やっていくうちにあれもこれも欲しくなって知識も自然と増えるので、
まずは最初の道具をコスパ良く揃えて釣りに出かけるべし。