ポテブログ

釣りやアウトドアが好きな方に向けた知識やインプレなどの総合情報ブログ !時々、ライフスタイルやビジネス(お金)の事も発信しますので好きな趣味を通して、楽しいライフスタイルのお手伝いが出来るよう日々更新していきます!

バス釣り反則ルアーはこれだ!最短で釣るならフリックシェイク!種類・使い方

f:id:truckboy:20200526093525j:plain

 

出典:Amazon

どうしてもバスが釣りたいと思ってるあなたへこのワームをオススメ!

”ジャッカル フリックシェイク”

このワームをマスターすることが

バス釣りアングラーの第一歩。

 

今回の記事では、フリックシェイクの

ラインナップ紹介/使い方をシンプルに

初心者でも分かるよう解説!

 

反則なんて言っちゃましたが、

それだけ釣れるワームなので

特に初めたばかりの方は騙されたと思ってお試しを。

僕もリスペクトしてるのでガンガン使ってます!笑

 

一番釣れる使い方も紹介しますので、

初バスに会える日は近いはず!

 

 

フリックシェイクの種類は豊富

f:id:truckboy:20200713233649j:plain

出典:amazon


フリックシェイクのジャンルでも、

種類が多くどれを買うか迷うところ。

  • フリックシェイク オリジナル SIZE6種類 COLOR62種類
  • ネコフリック         SIZE2   COLOR10種類
  • マイクロフリック       SIZE1   COLOR8種類
  • フリックシェイク サイトマジック SIZE4種類 COLOR17種類
  • ホールフリック        SIZE2種類 COLOR10種類

 

とんでもない数の種類。

先に伝えておくと釣れるから全部揃えたいと思ってもほぼ不可能w

 

スタンダードなタイプから状況別に

特化したタイプまで揃ってます。

 

今回は誰でも安定して釣りたい人へ

向けてますので、オススメはこちら。

 

フリックシェイク オリジナル 4.8インチ

f:id:truckboy:20200713233750j:plain

出典:amazon


初めて使う人は迷わずこちらを購入で良い。
ある程度遠くに飛ばせるし、

ワームの動きを感じやすいし、なにより釣れる。

 

カラーは何が良いか?とよく聞かれますが、

使い方を間違えなければ釣れるので

いつも「直感で良いよ」と伝えてます。

 

それでもオススメが知りたいとなると、

  • 暗めカラー/クリアカラー 1パックずつ
  • 2トーンカラー1パック

 

可能であればこの3パック買いでバックに

忍ばせておけば怖いものなし。

 

なぜ3種類なのか。

  • 水質が綺麗だったらクリアカラーをメインに(釣れなければ他2種類も試し)
  • 水質が濁っていれば暗めカラーもしくは2トーンカラー

 

このように釣り場所に到着して水質を見た時点で、

初心者でも攻め方が簡単に分かるから。

最初からあれやこれやよりも、シンプルに分かりやすい方がよし。

※もし、オリジナル以外も使いたいなら

サイトマジックタイプを買っておくことで使い分けが可能。

リグ(仕掛け)はどうする?

ぶっちゃけるとどんなリグに

対応できる万能型。

慣れてきたら色々チャレンジはしてほしいが、まずは「シグヘットワッキー」一択。

これを信じて投げ続けることを強くオススメしたい。
飛ぶし、操作しやすいし、釣れる。


迷って何をしたらいいか分からなくなるのであれば、この釣り方を極めよう。

ジグヘッドの重さを3種類くらい持っておいて、

釣れなければ重さを変えてみる。

それが釣れるスピードも上達のスピードも上げてくれるはず。

ワームの付け方は、ググるとすぐに出てきます。

一番ベストなアクションはどれ?とことん忠実に基本を守る!

 

ジグヘットワッキーで釣る時の一連のアクションの流れ

  1. 投げたら底にワームがつくまで、ジッと待つ (*1)
  2. リールを糸が負ける状態にして、竿をシェイク(*2)
  3.  シェイクしながら、ゆっくりゆっくりリールを巻いていく
  4. ある程度巻いてきたら、シェイクを止めて再度ワームを底まで沈める
  5. 底まで沈んだら、まだシェイクしながら待いてくる
  6. この動作を巻き取るまで繰り返す

 

*1:底まで沈んだか確認するには、投げてワームが水に着水するとリールからラインが「スルスル〜」と出ていくが、それを出し続けていくと急に止まった瞬間が底に
 着いた合図

*2:シェイクとは竿を上下に細かく振る動作のこと

 

このアクションは基本中の基本ですが、これが大事。
まずはアレンジを加えず、忠実に。

意外と忠実に動かさない人が釣れないんですよね。


このワームの素晴らしいところは、

そのアクションだけしておけばあとは

勝手にワームがいい感じに動いてくれるから釣れる!
勝手にワームが動いてくれるから艶かしい動きをしてくるから釣れる!

 

投げる前に足元で竿をどう動かすとワームが動くのかを確認すること

 

これめちゃくちゃ大事。絶対やりましょう。

自分の目で、どれくらいの竿の動き/リズムでワームが

どんな風に動くのかを把握すること。

良い動きが確認できたら、

その竿の動き/リズムを体で覚える。

 

それが出来れば、あとは実際に投げてもワームは目で見た動きを水中でしてくれてます。

結局どんなに良いルアーやワームを使っても、使ってる人がメーカー側の意図した動きと違う動きをしてれば釣れるものも釣れなくなるというのがオチだ

 

頭の中で、イメージ。釣りはイメージ。

まとめ

  • フリックシェイク 4.8インチをまずは選ぶ
  • カラーは出来れば3パターン持っておく
  • アクションは自分の目で確かめてから、水中でも同じ動きをイメージ

 

この3点を守って投げ続ければ、自ずと釣果がでる。
ぜひ、釣り上げられた時はブログなりツイッターなりに報告貰えたら嬉しい。

ナイスフィッシュ!と心から伝えたい。